FC2ブログ

『月ろう!5月号』第5話「顔を殴ったかどうかは映像判定で」の巻

こんぴら船々おいてに帆かけてシュラシュシュシュ〜♪
てなわけで、こんな時こそ「修羅の門」「修羅の刻」「海皇紀」など川原作品を読んでみた、なあゆです。(無料部分だけ)

「刻」1巻に出てくる詩織ちゃんが好きだな。あんな風に子房も脱がせてくれんかのお。

前回は韓王成さんに持っていかれましたが、ご安心下さい。
今回は窮奇さんに子房が持っていかれます!キャ(/ω\*))((*/ωヽ)ァァ

文字通り子房がお持ち帰りされるわけだが、その前に。
この辺から月マガの印刷が汚くなってます。先生が締切ギリギリだったのかはわかりませんが、とにかく見にくい。子房の神々しいまでに白いお肌にシミがっっ。
そこんとこを諦めて続きを見てね。↓↓↓コミックスを待ちましょう。

韓王さまが、子房のために死のうとしてるのを止める黄石。

黄石「良が哭(な)く」←え、そこ?

そこに現れる窮奇。「行かせてやれ」
(子房を泣かせるのはオレだけだ)とでも言いたいのか。
窮奇「オレは子房がなんでこんな男を、心から吾王(わがきみ)と呼ぶのかわからなかった(正直妬いちゃうぜ)

が、「今は解った」窮奇。子房を巡るライバル(の一人)、成を見直しちゃったんだね。黄石も泣き笑いで成さんを見送りますよー。↓↓↓
笑って見送る2名←笑って見送る2名
その内の
笑って見送る2名←デレてる人
えーー?

この時の成さんは、人生で一番の男前であった!(´д⊂)セイセイセーーイ!
そして、今気がついた!
成さんってひげ、あったんだね!\(^o^)/(よく見たら初登場からあったね)

韓王が行ってしまった後、そこに現れる子房。「何でお止めしなかった」

子房の想いより
窮奇「子房の想いより、吾王の想いを大事にしたかったから」

だ パンっ
窮「だ」
良「あ゛」
黄「あ」
なあゆ「あ」

なあゆ「ちょっと〜〜!何、子房様を殴ってくれちゃってんのー?大事なお顔にキズがつくだろがっε=ε=(怒゚Д゚)ノ」
窮奇「安心しろ、顔は殴っていない。第一顔を殴ったところで気絶するか?」
なあゆ「でも『パンッ』って言ってんじゃん」
窮奇「気を失う秘孔を叩いたんだ」
なあゆ「秘孔って突くもんじゃないの?」←ケンシロウ
窮奇「倉海の民に伝わる秘術だ」
黄石なあゆ「ふううううん…(ーー )」

とゆーわけで子房さんは夢の中の人となったのである。

続くのだ!お持ち帰りは次回と言う事で…



※画像と会話は講談社 月刊少年マガジン2019年5月号掲載 川原正敏「龍帥の翼」から引用


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

月刊少年マガジン 2019年5月号&&&


【雑誌】

価格:530円(税込、送料別) (2019/5/5時点)


スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

始めに必ずお読み下さい。
当ブログは月刊少年マガジンに連載中の「龍帥の翼」について、ネタバレ情報や私的な感想を載せております。 「二次創作」「腐」、という言葉に不快感をお持ちの方は閲覧をご遠慮ください。また、全くご存じない方もご遠慮ください。 あくまで、私的な感想と妄想ですので、川原正敏先生ご本人と講談社さま、月刊少年マガジンさまとは全くの無関係です。ご了承願います。
カテゴリ
最新記事
プロフィール

なあゆ

Author:なあゆ
「龍帥の翼」大好き❤そして窮奇×張良推し。
大昔司馬遼太郎先生の「項羽と劉邦」を読んだときからの張良ファンなのですが、張良を主人公にしたマンガってあまりなくね?

そんなわけで、三国志はよく読んだ。諸葛亮は受け。主従カップルが好きだけど、主と従どちらが受けでも美味しい😋🍴💕よね?その起源は「ベルばら」かも。


腐女子歴はかなり長い。年齢の8割くらいは腐色にそまっている。

BLという言葉が生まれるはるか昔、「腐」という言葉さえなかった時代からせいそくしております。「やおい」「JUNE」この言葉を知っているあなたは、私と同年代ね。

月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR